加湿器肺炎とは? 【お手入れの重要性・板宿・整骨院】 

query_builder 2023/12/07
ブログ画像

みなさん、加湿器肺炎をご存知でしょうか?

寒くなり室内では、暖房機器を使う機会が増えてきます。

冬は湿度も下がり乾燥します。そこで使用するのが加湿器ですよね。

加湿器は湿度を保ってくれるので便利です。

ですが、お手入れを怠るとカビや菌が繫殖し空気中にまき散らします。

そのカビや菌を吸い込むと加湿器肺炎と呼ばれる症状を引き起こす可能性があるのです。

症状は、発熱・咳・倦怠感など風邪の症状によく似ています。

風邪との判断が難しく、薬が効かないとか加湿器を使用すると症状がでるようであれば早めに病院を受診しましょう。

加湿器のお手入れの重要性をお話をしましたが、お身体も同じです。

肩こりや肩周りの痛みを放置していると、五十肩のような症状になることもあります。

腰痛も酷くなれば、歩けなくなったり起き上がれなくなる可能性もあります。

症状がでる前や軽い状態の時に、痛みを軽減し身体のゆがみを矯正してあげると良いかもしれませんね。

----------------------------------------------------------------------

はまおか接骨院

住所:兵庫県神戸市須磨区戸政町1-1-2

エヌエムスワサントアン1FA

電話番号:078-731-6570

----------------------------------------------------------------------